works026

矩格子の家

私たちの身の回りには実際に目に見えるもの見えないものを含めて実に様々な「仕切り」が存在します。 古来から日本の住宅で多用されてきた障子や襖なども用途によってそのデザインは様々で、ゆるやかに空間を分節するとともに人々の目を楽しませてくれる役割を合わせ持っています。
一方、玄関のように靴を脱ぐ空間も物理的な仕切りはなくてもONとOFFを切り替えるスイッチのように精神的な仕切りが確かに存在します。神社の鳥居も結界としての仕切りということができるでしょう。
この住宅は縦格子によってリビングとDKを仕切っていますが、本質的には一体型の空間の中に格子の手前側と奥側というように2つの領域をつくりだすことによって、LDKをあいまいに分節すると同時にスケール感を向上させています。この住宅は2日間のオープンハウスを行いましたが多くの来場者が実際の面積よりもLDKに広がりを感じ取っていたようです。