works009

HOUSE IQ

旭川の中では比較的古い時代に、宅地造成された地区に建築された住宅です。
単純な四角い箱に見える外観は、古い住宅街の中にあっても私たちの想像よりは、上手く街並みに溶け込んでいるという印象です。
「シンプルに住まうこと」を強く願っていた若いクライアントに対して、水廻りなどの機能をコンパクトに集約させたり、開口部に連続性を持たせることにより、空間の広がりを実際以上に引き出す事が出来るようプランニングしていきました。
シンプルに仕上げられた空間は住む人に、天気や季節によって異なる印象を与えるという建築本来の役割を、担っていくのかも知れません。