works008

浮かし間のある家

前庭、奥庭、坪庭。大小3つの庭に囲まれるような形で設計されたのがこちらの住宅です。
木製の玄関ドアを開けると一直線上に続く長い廊下の先にリビングと共有する坪庭があり、そしてその先にある奥庭へと視線が導かれるようになっています。
敷地からリビングに到達するまでのこの長いアプローチがクライアントのオンとオフを切り替えるスイッチの役割りを担っています。
白で統一され、美しいナラの無垢材で仕上げられたLDKは前庭と奥庭に挟まれたような位置関係になっていて、キッチンの背面にはこの家のシンボルツリーを映し出す事になるであろう横長のピクチャーウィンドウが空間の「抜け」を造りだしています。
また、白いタイルやテンパーガラスで収められたバスエリアをインテリアの一部としてとらえ、リビングからユーティリティ、そしてバスルームへは仕切りを透続させ、住宅が標準化することをあえて避けてみました。
さて「浮かし間」ですが、これは中2階にもってきた和室の壁が2階の床高との段差をガラスで仕上げることによって、宙に浮いたような空間をイメージしてつくられた和室です。
普段、閉ざされた空間になりがちな和室ですが、こうする事によって限られた住空間の中にさらなる「ゆとり」が生まれるのではないかと考えています。