works007

STYLE-5

間口が狭く懐の深い土地の特性を最大限に生かすための設計が行われたのがこちらの住宅です。
「STYLE-5」という名前の由来は住宅密集地の中で、いかにプライバシーを保つかという観点の中で付加された部分とヴォイドされた部分が最終的に平面図上数字の5のような形になって提案されたことから、このような名前になったのです。
オフホワイトのガルバリウム鋼板を身にまとったこの建築は、ファサード側には窓がほとんど無く、道路側からは中の様子がうかがい知れないような設計になっています。
ファサードのイメージとは対照的に開放感のある内部空間は、オープンエアのテラスが更なる空間の広がりを演出する役割りを果たしています。
閑静な住宅街に忽然と現れた大人の隠れ家のような佇まい。それが「STYLE-5」なのです。